金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いです

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。

今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。

ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。

高級品として世界中で認知されているのも、金が投資対象として魅力的である一因です。

とはいえ、相場の変動も当然あるので、念のため、買取を利用する前に、金の相場に大きな動きがないか確認することをオススメします。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

最近はやりの金買取。

色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むケースが最も多いようです。

お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。

利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けている場合が多いため、十分納得のいく金額で手放すことが可能です。

初めての方でも安心ですね。

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。

アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

それでも、どうしても不安なら、最初から現金にして銀行に預けておくのが得策なのかもしれないですね。

買取価格には自信があります、とネットで広告が出ていたから利用してみたのに、あれやこれやと理由をつけて結局定額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などの苦い経験をした方もいるかもしれません。

信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、十分気を付けなければなりません。

黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。