金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近はブランド物を持っている

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。

誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段になるのかという見積を事前に立てられることです。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。

計算法を知っておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。

お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。

買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。

そこで、資産を保存する方法としてメジャーなのが、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。

ここで注意しなければならないのは、実際にその金をどこで購入するかです。

金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。

そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、贋物の心配などと無縁で済みます。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

市場において金の純度を証明するため、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だという意味です。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。