読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取を利用する上で多くの方が気にするの

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段で売却できるかという一点に尽きると思います。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

こうした基本的な計算法を活用し、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判断できるようになっておくといいでしょう。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属でずっと身に付けていない品があったらその業者に売却できるという話でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、この頃までに、決して急速というわけではないですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金製品の買取価格が上がる要因として機能したのではないでしょうか。