読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショック以降、自宅に

リーマンショック以降、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、良い方向への変化が期待できると思います。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

もちろん、買取業者の方では、売買で動くお金も莫大ですから、しっかり利益を計上し、納税しています。

ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。

貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムの買取を受け付けてくれます。

金製品を買い取るなどと言われると、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。

意外なところではメガネなどです。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。

買取業者が自宅を訪問し、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が多くなっていると聞きます。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、なかなか首を縦に振らない人には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。

後から売却をキャンセルされまいと、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。

指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由で長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

買取店でそう言われてしまったときは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。