金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこ

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

先日、祖母が鬼籍に入り、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。

最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。

そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、店も明るい感じで緊張しませんでした。

肝心の金額も予想以上のもので、思い切って利用してみてよかったです。

近頃では、金やプラチナの高価買取の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

街頭だけではなく、ネットにおいても、気になって検索してみたら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

いくらかでも現金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

未だ記憶に新しいリーマンショック

それから現在までの数年間で、決して急速というわけではないですが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出しにストップが掛けられました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、買取市場における金の価格が上昇する要因となったと推測されます。

昔買ったきりでずっとご無沙汰というプラチナや金製の指輪などの装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。

知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、お店で買取を依頼するのをオススメします。

金・プラチナの高額買取をウリにした店も街頭、ネット問わず多いですから、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。