金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。

お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。

昔からその代表といえば金です。

値段が崩れないのが金の魅力です。

高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値崩れが少ない理由なのです。

とはいえ、相場の変動も当然あるので、手放す際には、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認する必要があるでしょうね。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

要らなくなった金のアクセサリー等を買取店に持ち込む前に、次のことに気をつけてください。

金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、持ち込む店舗により、買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。

事前にホームページなどで情報収集し、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。

主な買取対象といえば金ですね。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

買取となればそれより若干安くはなるものの、多くの人が想像しているよりは十分高い額で手放すことができるでしょう。