金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

少し前に、金買取業者を名乗る人

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。

そうすると、貴金属製品でずっと身に付けていない品があったら買い取ってくれるという内容でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今となっては身に付けることのなくなった貴金属を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。

心当たりのある方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段で手放すことができるでしょう。

昔もらったけど今ではもう使っていないような金やプラチナのアイテムをお持ちの方も多いと思います。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

貴金属買取のお店はたくさんありますが、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、最も良い条件で売却できる店はどこか、比べてみるのをおすすめします。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、簡単に応じないと見るや、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者はもちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。

こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。

買取店であれば、日々多くの金製品を売り買いしていますので、しっかり利益を計上し、結構高い税金を課せられているでしょう。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるというのも一つの手だと思います。