金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取をしても

買取ショップが街に溢れる昨今。

初めて金買取をしてもらう場合は、何より買取額を気にされていることでしょう。

しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。

貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。

ですから、納得いく金額で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが重要だといえます。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

そうすると、手持ちの宝飾品や貴金属で不要な品を買い取ってくれるという内容でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。

先日、祖母が鬼籍に入り、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。

今まで金の買取は利用した経験がなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。

肝心の金額も予想以上のもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案がここ数年で急増しています。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格を付けてもらえるのかという見積を事前に立てられることです。

基本的な算出方法を以下に示します。

その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。