金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

近年、一般的になってきた金買取。しかしその利用

近年、一般的になってきた金買取。

しかしその利用において注意すべきは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。

金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを厳しくチェックしてください。

ちょっとでも悪評判が付いている店は買取を依頼するべきではありません。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。

金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金というのが一定の目安になります。

純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。

要らなくなった金のアクセサリー等を買取に出す際は、次のことに気をつけてください。

金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どの店舗を利用するかで、買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。

そのため、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かまで把握している人はあまり居ないように思います。

プラチナの方が原則的には高価です。

昔は特にそうでした。

要因としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさの影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、生産量や流通量のあまりの少なさが、価値の根底にあるわけです。