金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不況の影響もあってか、手持ちの金を売

不況の影響もあってか、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

景気良く何店舗も出している業者もあります。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、良い方向への変化が期待できると思います。

店員の接客の質までも上がる可能性があります。

買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。

2008年のリーマンショック以降、この頃までに、決して急速というわけではないですが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出し制限も発動されました。

このことも、先のリーマンショックと同じく、金の市場価格を引き上げる起爆剤として機能したのではないでしょうか。

初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段で売却できるかを正確に知りたいということですよね。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金でできていたり、一部に金が使われている製品があちらこちらに存在しています。

金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入をゲットできるチャンスですし、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。