金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や

金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を行っているようです。

街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うところが多くなってきました。

専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。

金製品を売りたいという方は、専門店と並んで有力な候補になります。

最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは多種多様な品物が買取の対象になっています。

金というといかにも富豪の趣味という気がして、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、純金でなく他の金属との合金の場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と様々に色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。

金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告が必要なケースが出てきます。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

金やプラチナ製のアクセサリーは、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由で何年も使わずじまいという方も多いと思います。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。