金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

金を売りたいなら、結果を左右するのは純度というわけです。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

手数料や「目減り」などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、これらが差し引かれることで、実際に受け取る金額が少なくなります。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

後から損した気分にならないためにも、この点を確認しておくことをお勧めします。

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

色々と聴いてみたら、貴金属製品で不要な品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。

市場において金の純度を証明するため、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だという意味です。

もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。