金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属はどうやって保管すれば

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、安心安全を求め、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、最初から現金にして銀行に預けておくのが得策なのかもしれないですね。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金は、重さで言えば大体570グラムといったところでしょうか。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

金製品を売却したいと思っても、どこのお店に持ち込めばいいのか頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。

いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、利用客としては当たり前の話です。

お店選びの最もわかりやすい基準は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。

ネットレビューで高評価のところは、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていると見ていいでしょう。

初心者の方でも当てにできる指標になりますね。

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。

サイト上で大体の買取価格を載せている場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

しかし、郵送で買取を行う場合、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。

できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。

買取にかかってくる様々な手数料が一切ない店も少なくないため、なるべくそういう店を選びたいものですね。

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

いわく、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、もう要らない商品をその業者に売却できるという話でした。

それなら色々あったなあと思って、利用してみてもいいかなと思いました。