金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取というのが流行っているそうですが、先日は

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

そうすると、貴金属製品でもう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。

金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。

貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。

なので、手元の金を少しでも高い値段で手放したいなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、相場変動の情報に強くなっておくことに努力を捧げてもいいと思います。

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そこで役立つのが金買取ショップです。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、一番高く売れるのはどこか、見比べて選びましょう。

鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、情報収集を怠らないことが肝要です。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどというケースが割と多いようです。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

貴金属を持て余している方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取となればそれより若干安くはなるものの、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。