金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

贅沢品の代名詞である金。しかし、実は我々の日常

贅沢品の代名詞である金。

しかし、実は我々の日常生活の中にも、金の加工品がそこかしこに潜んでいるものです。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

予想していなかった収入が入ってくることが見込めるので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。

最近数が増えてきた金買取ですが、その中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、刻印を確認してみましょう。

それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントと解釈してください。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度によりその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成年に達するまでは少なくとも一人では買取を利用できません。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。

どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取額の通知を受けたら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。

店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットで24時間いつでも申し込めるので、お店に行く時間がないという方には嬉しいですね。