金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

相場よりも高い金額で金を買い取るとネットで広告

相場よりも高い金額で金を買い取るとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で無理やり売却させられてしまったなどの苦い経験をした方もいるかもしれません。

誠実なお店ならよいのですが、一部では残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。

昔は使っていたけど今は不要だという指輪などの金製品を持っている人は、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって価格は変わるので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて条件の良いお店を選択するといいでしょう。

高価な品物であればあるほど、買取額にも大きな差が出てきますので、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金の買取は、古物の取引になるので、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示する必要があります。

郵送した商品を査定してもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどで長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。

家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。

そのようなケースでは、運が悪かったと思って諦めることです。