金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

頼んでもいないのに家に業者が

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておいてください。

一口に投資といっても対象は色々あります。

中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。

金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。

通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。

全世界で普遍的な価値を有していることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。

しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手元の金を売ろうとする前に、金の相場に大きな動きがないか確認した上で決断するのが得策でしょう。

金の相場が上がっている近頃は、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の広告や看板が街に溢れています。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、ためしにgoogleなどで検索してみても、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。

金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

呼んでもいないのに自宅を訪れ、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなど、数字が24以下になります。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。

金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。