金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属はどうやって保管すればいい

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、強固なセキュリティが必要になるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。

それでも、どうしても不安なら、思い切って専門店に売却して現金化するのも得策なのかもしれないですね。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、大体3500円ほどになります。

それなりの額、例えば200万円となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、続きを聞いてみたくなりました。

電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。

それなら色々あったなあと思って、利用してみてもいいかなと思いました。

リーマンショック以降、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、その需要に応じて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、良い方向への変化が期待できると思います。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。