金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。勧誘の

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

その業者によれば、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があれば高い値段で買い取ってくれるそうです。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、試しに査定してもらうことにしました。

派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が原則としてあります。

そのため、未成年の人は買取を利用できないことになります。

とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。

しかし、たとえ親の同意があっても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

長年使っていない貴金属のネックレスや指輪などを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、公開されている参考買取額をもとに、どこが一番高値を付けてくれるか複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

金の純度が100%未満であれば、「18金(18K)」などの表現になります。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と変化します。

金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

買取価格には自信があります、という売り文句につられて行ってみたところ、あれやこれやと理由をつけて結局定額で無理やり売却させられてしまったなどの経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。

信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。