金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取を利用する上では店のシステムを確認する

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、表向きの買取額が高くても、本当に自分が受け取れる額は結局、低額になってしまいます。

なんだか損した気分になりますね。

買取を利用する際には、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

金買取がブームですね。

古いネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を見てみるのがいいと思います。

それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだという意味です。

もちろん、この純度が何%であるかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。

買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。

18Kは1000分の750という純度です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。

金を売りたいなら、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

金の買取を業者に依頼するにあたって必ず気にしなければならない点としては、相場について正しい情報を持っておくことです。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。

金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。

入念に相場をチェックして、高値で売れるようになれば一人前です。