金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近はやりの金買取。色々な形

最近はやりの金買取。

色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形が基本であるといえます。

プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、不安要素はありません。

利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けている店舗も多いですので、その場でよく考え、本当に納得してから手続を進めることができるようになっています。

金製の指輪やネックレスなどは、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由で何年も使わずじまいという方も多いと思います。

自宅にそうした商品を眠らせている方は、お近くの金買取店で売却することもできます。

とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。

買取に行ってそういうことになったら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、どうしても信用しきれないという人が私の周りにも多くいます。

そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。

常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。

さらに、取引の安全を守る意味でも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。