金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

一昔前と違い、今は金買取を扱う

一昔前と違い、今は金買取を扱うお店も増えてきたので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。

その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。

手数料などのシステムも店舗によりけりなので、他と比較検討しないままお店を決めたら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。

金買取といっても様々な形式があります。

今、少しずつ流行り出しているのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。

この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、数日で査定結果が出るのを待ちます。

お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。

普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間を気にせず利用できるので、お店に行く時間がないという方が主に利用しているようです。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、昔から使われている試金石検査という方法ならば、どんなによくできた偽物でも、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

要らなくなった金のアクセサリー等を専門店で買取してもらうにも、事前に留意すべき点があるのです。

金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、店舗ごとの基準によって、実際に自分が受け取れる金額はかなり差の付いたものになるという事実です。

事前にホームページなどで情報収集し、お店選びをよく検討して判断する必要があります。

便利な金買取ですが、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。

主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、強引に金の売却を迫ってくるものです。

こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。