金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の売却において留意すべき点は、何よ

金の売却において留意すべき点は、何より相場の変動に気を配ることでしょう。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を小刻みに確認しておき、買取のタイミングを決めるべきです。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。

上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。

いわく、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を買い取ってくれるという内容でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。

18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

さらに、取引の安全を守る意味でも、お店にもそれぞれの決まりがあり、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。

リーマンショック以降、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、その需要に応じて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

心当たりのある方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、だとしても十分、思った以上の値段の臨時収入が期待できます。