金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がか

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

その業者によれば、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、今は使っていないものがあったら高い値段で買い取ってくれるそうです。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を当たるというのが基本ですね。

加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくことも必須であるといえます。

一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。

少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

金買取はそれまで利用したことがなく、買取してもらうお店をすぐには決められず、色々なホームページをネットで見て調べてみました。

調べた結果、御徒町のあたりに、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。

専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、思った以上の値段が付いたので満足しています。

原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

さらに、取引の安全を守る意味でも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は売却できないのが通例です。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を看板に掲げています。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金やプラチナの買取を大きく扱うケースが増えてきています。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。