金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

消費税が5%から8%に上がったの

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

金の購入時には、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ハンガリーノルウェースウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

もう身に着けなくなり、自宅で眠っている貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。

そうした品物をお持ちの方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを考えてみてはどうでしょう。

金・プラチナの高額買取をウリにした店も最近は増えてきましたので、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。

金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限があるのが当たり前です。

よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られると思った方がいいでしょう。

ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。

ですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。

さらに、保護者が同意していたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

お手持ちの金製品を買取に出す際、押さえておくポイントとしては、何より相場の変動に気を配ることでしょう。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を小刻みに確認しておき、最適のタイミングで買取に出しましょう。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。

上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

皆さんも、利用するお店を選ぶときには、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。