金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

3%→5%→8%と上がってきた消費税。金の

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、もちろん消費税も課されるのですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするわけです。

にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーノルウェースウェーデンなど消費税率の高い国で売却するなどの方法も考えられます。

金というのは特別なものではありません。

日常の中にも、貴金属と同様に扱われる金製品が案外多いものです。

その代表的なものが金歯です。

金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

タナボタ感覚でのお小遣いを得られる可能性もあるので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。

最近は金買取が流行っているようですね。

私も少し前、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

今までに経験がなかったですから、どこに売ったものか迷い、ネットの情報に頼ることになりました。

そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。

実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を粘り強く探してみるといいでしょう。

また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくことも必須であるといえます。

少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。

また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。

業者の人間が突然自宅を訪れ、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを覚えておき、いざという時に備えてください。