金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔は素人が金買取の情報を得る

昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、ネットで情報収集することもお勧めです。

貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、慌てて売るのはよくありません。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」のところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。

要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。

市場において金の純度を証明するため、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだという意味です。

もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

買取時、こういった費用を取る店だったら、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は減ってしまう結果になります。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

買取を利用する際には、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

そこのお店で売却すればいい値段になるなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などのケースはよく耳にするところです。

最近増えてきた買取ショップの中には、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、十分気を付けなければなりません。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。

せっかくの金買取。

必ず気にしなければならない点としては、買取価格の相場を把握することに尽きます。

少しでも高値で手放すことができるよう、相場を欠かさずチェックして、最適のタイミングで買取に出しましょう。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが原則です。

相場の変動を味方につけて、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。