金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。

今では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を謳って営業しています。

街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。

生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始める店も一般的になってきたのです。

専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。

近頃は、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、ネットで情報収集することもお勧めです。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、刻印を見てみるのがいいと思います。

ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だという意味です。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では20歳未満からの買取の禁止を設定しているのが普通です。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうのが一般的です。

ごくまれに、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には残念ながら詐欺のケースも存在します。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、強引に金の売却を迫ってくるものです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、買取価格も異様に安かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。