金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

少し前に、祖母の逝去に伴って、祖母の

少し前に、祖母の逝去に伴って、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、初めてなので不安も大きかったですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、素人の私にも優しい印象でした。

金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、利用してみて正解だったと今では思います。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

これはあくまで純金の価格ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

金の買取を掲げている店舗では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

意外なところではメガネなどです。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯も金製品として立派に買取の対象になります。

最近はやりの金買取。

色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。

お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。

利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているショップも増えてきましたので、満足いくような価格で買取してもらうことが可能なのです。