金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

もう身に着けなくなり、自宅で眠っている

もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の指輪やネックレスなどをお持ちの方も少なくないと思います。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、専門のお店で売却することを考えてみてはどうでしょう。

「高価買取」などの看板を掲げたお店も街頭、ネット問わず多いですから、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。

金製品を売却したいと思っても、一番肝心なお店選びの段階で迷うというのはよく聞く話です。

いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、当然ですよね。

売却するお店を決める時に役立つのは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。

多くの人が良かったと言っているお店は、お客さんからの満足度が高いのが容易に見て取れます。

金の相場が上がっている近頃、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制があるのが当たり前です。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。

ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。

ですが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。

要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、金の純度を示す刻印を見てください。

それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントと解釈してください。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で買取額は大きく変動してきます。