金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナと言われてプレゼント

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。

そして、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。

しばらくして、メールで査定額を教えてもらえるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。

ここのところ、金相場の高騰に伴って、いわゆる「金プラ買取」系の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。

WEB上でも、「金 買取」などのワードで検索をかけると、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。

どうせ不要の品物を売るのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。