金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴金属製の

昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴金属製のアクセサリーなどをお持ちの方も少なくないと思います。

タダで手放すのは惜しいという場合には、専門のお店で売却することをオススメします。

貴金属の買取を受け付けているショップも街に溢れていますから、いくらの値段が付くか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、当然、そのぶん買取の対価として実際に手元に入る金額は随分減らされてしまうのです。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

皆さんも、利用するお店を選ぶときには、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。

どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取額の通知を受けたら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。

営業時間の制約がある店頭買取と違い、ネットで24時間いつでも申し込めるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。

不況の影響か、金買取の相場が高騰していると聞いたので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には悪質な詐欺の事例も存在しています。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。