金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思っ

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、どうしても信用しきれないという人も一定数いるでしょう。

さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。

常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。

デパートならば信用もあるということで、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。

高額で売却するためには、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。

それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するといった工夫もできるといいでしょう。

一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。

また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、十分気を付けてください。

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上昇しているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

金の純度が100%未満であれば、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは1000分の750という純度です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。

金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントと解釈してください。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により買取額は大きく変動してきます。