金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、強

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、強引に金製品の売却を迫る迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店もあります。

どこも様々な工夫を凝らしているのですね。

直接お店に行かない形式の買取でも、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。

買取で少しでも得をしようと思えば、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。

買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

18歳に達していない青少年は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

さらに、取引の安全を守る意味でも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、単独では利用できないのが一般的でしょう。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、郵送買取など、直接店に行かないケースにも同じように本人確認が求められます。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。

先日、祖母が鬼籍に入り、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。

肝心の金額も予想以上のもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。