金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショックやギリシャの経

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

それは24金、すなわち純金の話です。

一例として、18金(純度75%)ならば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は減ってしまう結果になります。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

買取を利用する際には、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。

資産を保存する方法としてメジャーなのが、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。

ここで注意しなければならないのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。

初めて金を買うときには、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。

買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時もセーフティですよね。

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。

実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。

できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。

買取にかかってくる様々な手数料が引かれないところも多いですから、店舗選びの際の参考にできます。

金の買取が今流行りですね。

近年では、実に多くのお店が買取サービスを看板に掲げています。

街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。

自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるところが多くなってきました。

専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。

金製品を売りたいという方は、専門店と並んで有力な候補になります。