金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ここのところ、金相場の高騰に伴って、金製

ここのところ、金相場の高騰に伴って、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金 買取」などのワードで検索をかけると、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

いくらかでも現金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。

それに伴って買取価格も変わるので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、金の表面を少し削り取ることで、容易に真贋を判別できるのです。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。

金を買取に出す上で、まず大事なのは売却先としてどんなお店を選ぶかということです。

判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店に信用と実績があるかどうかです。

信頼のおける情報といえば、利用者からの生の声です。

これは口コミやレビューの形で確認できます。

口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選びたいものですね。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。

その業者によれば、手持ちの宝飾品や貴金属で処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。