金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

若い頃に買ったけどもう身に付けていないとい

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった指輪やネックレスなどの金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

貴金属買取のお店はたくさんありますが、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。

専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを取る店もあります。

金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、これらが差し引かれることで、本当に自分が受け取れる額は低くなることになります。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、候補に挙がってくるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。

さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。

デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。

専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは1000分の750という純度です。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。

手持ちの金を買取してもらうときに、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。