金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

近年、金の買取ショップが増え、

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、色々な名目で買取額が減額されて、現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。

なんだか損した気分になりますね。

後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。

金に代表される貴金属はその典型です。

何と言っても金は値崩れしにくいのです。

金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。

とはいえ、相場の変動も当然あるので、手元の金を売ろうとする前に、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認した上で決断するのが得策でしょう。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。

18Kは1000分の750という純度です。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

それと比べればやや低めの買取金額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段の臨時収入が期待できます。