金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

高価な貴金属には偽物も付き物であり

高価な貴金属には偽物も付き物であり、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

対して、偽物を見抜く方法も色々あります。

磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。

買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

買取時、こういった費用を取る店だったら、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。

なんだか損した気分になりますね。

買取を利用する際には、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

広告に出ている買取額以上に、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかをよく調べてから利用しましょう。

ちょっとでも悪評判が付いている店は買取を依頼するべきではありません。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、事前に入念に確認することが大事です。

もう何年も使っていない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属はどなたにもあるかと思われます。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取サービスを利用して現金化するのを考えてみてはどうでしょう。

貴金属の買取を受け付けているショップもあちらこちらにありますので、いくらの値段が付くか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。

できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。