金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、売りたい金製品はいくらの値段で買い取ってくれるのかという見積を事前に立てられることです。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

こうした基本的な計算法を活用し、買取店の提示している価格が妥当なものか自分で見極められるようにしておきたいですね。

買取業者が自宅までやって来て、しつこく金を買い取ろうとしてくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。

しかし、安心してください。

訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを頭に入れておくことをお勧めします。

昔買ったきりでずっとご無沙汰という指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属をお持ちの方も少なくないと思います。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、専門のお店で売却することを考えてみてはどうでしょう。

金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも最近は増えてきましたので、実際にその品物が何円くらいになるのかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。

不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に以下の内容を頭に入れておいてください。

同量の金を買取に出す場合でも、持ち込む店舗により、最終的な買取価格は全く異なるという点です。

お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、お店選びをじっくり検討してください。

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。

手数料や「目減り」などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、これらが差し引かれることで、現実に買取額として受け取れる金額は結局、低額になってしまいます。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、費用の有償・無償はチェックしておいてください。