金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金に優るとも劣らない高級品と

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどの話は昔からよく聞かれます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、勿論、金買取の対象になります。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

初めての金買取。

どこのお店に持ち込めばいいのか頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。

少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは利用客としては当たり前の話です。

売却するお店を決める時に役立つのは、「利用者からの人気」が第一です。

多くの人が良かったと言っているお店は、それだけ買取に満足だったケースが多いのが容易に見て取れます。

リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、流行に乗るようにして、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

景気良く何店舗も出している業者もあります。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースがここ数年で急増しています。

まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。