金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

身につけなくなって久しいアク

身につけなくなって久しいアクセサリーや腕時計といった金製品を持て余している人は案外多いようです。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

買取ショップは非常に多くなっているので、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比べてみるのをおすすめします。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。

貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかはあまり知られていないのではないでしょうか。

最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。

昔は特にそうでした。

要因としては、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。

そういうときは、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

ネットで個人情報などを登録すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、査定してほしい品物を入れて送り返します。

数日と経たない内に、メールで査定額を教えてもらえるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、直ちに買取金額が口座に入金されます。

今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、強固なセキュリティが必要になるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。

しかし、どこまでいっても不安だという人は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも得策なのかもしれないですね。

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。