金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

業者の人間が突然自宅を訪れ、使わなくなった金製品を買

業者の人間が突然自宅を訪れ、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるという迷惑な事例があります。

これは訪問購入と呼ばれます。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。

悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておいてください。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、レアメタルの中でも突出している希少性の高さを抜きにしては語れません。

プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。

これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、価値の根底にあるわけです。

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わないアクセサリーや腕時計といった金製品を自宅のどこかに仕舞んでいませんか?そこで役立つのが金買取ショップです。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、一番高く売れるのはどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、情報は隅々まで目を通しましょう。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスがいくらで売れるか気になる人は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で市場価値は変わってくるということです。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。

判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、また、何より大事なこととして、店の信用度や取引実績をチェックすること。

これに尽きます。

WEBの場合、何より参考にできるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。

多くの人から好評を得ている店舗を選択すれば損することはありません。