金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

手持ちの金を買取してもらうときに、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどでもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。

自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。

本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。

鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。

2008年のリーマンショック以降、現在までの数年間で、ゆっくりとではありますが、金の市場買取価格が上がってきています。

近頃はそれに加えて、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

このことも、先のリーマンショックと同じく、買取市場における金の価格が上昇する要因となったと推測されます。

金買取業者は大抵の場合、20歳未満からの買取の禁止を設定しているのが普通です。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうのが一般的です。

僅かながら、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

さらに、保護者が同意していたとしても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

金製品の買取をしてもらう際には、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらう形式が普通ですね。

お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、不安要素はありません。

査定額の理由などをちゃんと説明してくれるお店も少なくないですから、満足いくような価格で売却できます。

安心して利用できますね。