金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印無しでも全て買取してもらえました。

やはり行ってよかったです。

金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておいてください。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

それは24金、すなわち純金の話です。

一例として、18金(純度75%)ならば、大体3500円ほどになります。

そのため、例えば200万円以上の額面を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

金買取がメジャーになった現在では、実に多くのお店が買取サービスを行っているようです。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始める店も一般的になってきたのです。

専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。

金の相場が上がっている近頃は、金やプラチナの高価買取のテレビCMをよくやっている印象です。

パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

要らないものを買い取ってもらえるのだから、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。

それに伴って買取価格も変わるので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。