金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

少し前に、金買取業者を名乗る

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

他の種類の営業電話はよく受けますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、話だけでも聞いてみることにしました。

そうすると、貴金属製品で処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。それなら色々あったなあと思って、試しに査定してもらうことにしました。

都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。

サイト上で大体の買取価格を載せているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。

店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。出来る限り高い値を付けてもらうには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。

不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、その金額や状況によりますが、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかからないということになります。今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、昔もらったものでも、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。

そうしたアイテムをお持ちの方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。

近年、一般的になってきた金買取。しかしその利用において注意すべきは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。

買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、その店が本当に信用できるのかどうかを厳しくチェックしてください。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は手を出してはいけません。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。