金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き

相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を謳って営業しています。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるケースが増えてきています。鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。不要になった貴金属の売却を考えているなら、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。金の売却において留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。

実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが原則です。相場の変動を味方につけて、高値で売れるようになれば一人前です。金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる業者も多いようです。

直接お店に行かない形式の買取でも、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。出来る限り高い値を付けてもらうには、念入りに業者を探さなければなりません。

店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用を無料にしている店舗も増えてきましたので、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。金を購入する際には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。