金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場が1グラム5000円と

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、純金でなければ当然それより安い額になります。一例として、18金(純度75%)ならば、大体3500円ほどになります。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

お手持ちの金製品を買取に出す際、押さえておくポイントとしては、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

少しでも高値で手放すことができるよう、相場を小刻みに確認しておき、最も得する時を狙って売却するのです。金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。

相場の確認を欠かさず、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。そういうときは、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、商品を入れる容器が自宅に届くので、査定してほしい品物を入れて送り返します。何日かすると、査定の金額と確認の連絡が来て、金額に同意の返事をしたら、直ちに買取金額が口座に入金されます。

皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。まず最初に大切なのは売却先としてどんなお店を選ぶかということです。

店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。

そして最も基本の部分としては、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。

ネット上で信頼できるソースは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。

不評の店は避け、良い評価が付いているところを見極めて利用してください。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に次第に上がってきているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。

金を売ったら、例外も多いですが、基本的には税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば税金はかかりません。また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。