金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

長いこと自宅に眠っている金製のネ

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。

ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。

もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、売りたい金製品はいくらの値段で買い取ってくれるのかを事前に知っておくことでしょう。製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。

日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。すると、日本国内の金価格が算出できます。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

最近流行りの金買取ショップでは、装飾品以外にも、様々な商品の買取を受け付けてくれます。金というといかにも富豪の趣味という気がして、何百万円もする高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。メガネや金歯などもその一例です。

金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯だって値段をつけてもらえるのです。

せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。

高額で売却するためには、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を当たるというのが基本ですね。

少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも怠ってはいけません。

持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、十分気を付けてください。