金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取のシステムは店によって千差万別です。鑑定にかか

金買取のシステムは店によって千差万別です。鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。手数料を設けている店に買取を依頼すると、これらが差し引かれることで、本当に自分が受け取れる額は少なくなります。こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、本物の金でないことはすぐにわかります。もう使っていない金製品などを買取店に持ち込む前に、次のことに気をつけてください。同量の金を買取に出す場合でも、どこに持っていくかによっても鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は大きく変わってくることです。

そのため、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店に売却するか熟慮して判断するべきでしょう。最近流行りの金買取ショップでは、多種多様な品物を売却することができます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を最初に思い浮かべるケースが多いようですが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。